ハンドクリームの匂いは魔法の香り

ハンドクリームの匂いは無香料タイプと香料があるタイプに分類されます。
この香料のあるタイプは様々ありますが花の匂いや果物の匂いといったものが最近の流行で自然の恵みをギュッと詰め込んだものが好まれています。
それではなぜこのようにハンドクリームの匂いにこだわりを持つ人が増え多様化してきたのか興味深いものがあります。
それは香りとは人を幸せにしてくれるものでありそれゆえに感じ方にも違いがあり日常生活の中でとても大切なものなのです。
ときに人にとって心地良い匂いはお母さんの匂いなのかも知れません。
昔お母さんが付けていた化粧品の残り香が思い出の中で生きていて自分にとってのいい匂いなのです。
そうなるとその匂いは人の心を癒して結果的には心地良いものになるわけです。
それにクリームを付けるとその人の汗や体臭とも混じるので皆違う匂いになります。
まるでカレーのスパイスのように使う人それぞれがオリジナルの匂いを放つとしたらハンドクリームの匂いは魔法の香りでもあるのです。

香りも楽しめる手作りハンドクリームの作り方

乾燥肌の人は、特に冬場になるとハンドクリームを欠かせない人も多いと思いますが、敏感肌の為に手に合わなかったり、べたつきが気になるといった悩みを抱える方もいると思います。
そんな場合には、天然成分とアロマオイルを使用した、手作りのハンドクリームを簡単に作れる方法があります。
まず基本の材料は、ミツロウと植物オイルになります。
ミツロウはミツバチの巣の原料になっている成分で、保湿効果と殺菌に優れており、天然成分のため肌にも安心して使用できます。
植物オイルは保湿作用と抗酸化作用を持つホホバオイルを使用すると手にさらっと馴染みやすくなります。
また、オリーブオイルなども抗酸化作用に優れますが、べたつきやすいためハンドクリームには不向きと言えます。
ミツロウを湯煎で溶かし、ホホバオイルと混ぜ合わせて冷やすだけで完成するため、とても手軽に作ることが出来ます。
香りが欲しい場合には、好みのアロマオイルを固める前に数滴垂らして置くと、手に付けた際にふわっと香りが広がります。

『ハンドクリーム 香り』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/gklhvoiq/cwdcreative.com/kaori.html on line 91
△TOP△